新iPhone、全モデルでパワーデリバリー技術を搭載したLightningコネクタを採用か。

MacRumorsが、今年発売される新しいiPhoneの3機種には、すべてUSB-Cのパワーデリバリー技術が採用されるとの情報を伝えています。



Ming-Chi Kuo Says All 2017 iPhones Will Have Lightning Connectors With USB-C Fast Charging

これは、MacRumorsが入手したKGI Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のリサーチノートがソースとなっています。

それによると、新iPhoneの全モデルは、Lightningコネクタ形状を保ちながら、USB-Cのパワーデリバリー技術を内部的に搭載し、TIのパワーマネージメント技術とCypressのパワーデリバリーチップ・ソリューションを取り入れると予測しています。
また、最上位機種のOLEDモデルは2セルのL型バッテリーパックを採用していることにより、充電速度が向上するとも予測しています。

AppleがLightningポートを残す理由としては、LightningポートはUSB-Cよりもスリムな形状であること、MFiプログラムライセンスの収益があること、高速な転送速度もiPhone用としては未だにニッチな存在であることなどが挙げられています。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA