Apple、来年にかけてiPhone XRの増産オーダー。最初のピークは10月に。

DIGITIMESが、市場関係者による、新iPhoneシリーズの製造予想を伝えています。


6.1インチLCDディスプレイのiPhone XRは、2019年初めにかけて、50%以上の上方修正で製造オーダーが行われたようで、10月には2000万ユニットの製造が予想されています。

iPhone XRの価格は、当初予想されていた700USドルよりも高い、749USドルからという価格設定で、中国ベンダーのトップエンドモデルの平均価格699ドルを上回っていますが、デュアルSIM対応ということもあり、競合モデルとして成立すると考えられているようです。

OLEDディスプレイ搭載のiPhone XSとiPhone XS Maxは9月に増産され、iPhone XS Maxは400〜500万ユニット、新しいiPhone製品の20%を占めるようです。

また、ソースでは、iPhone XSは弱含みな傾向があり、11月以降は勢いをなくす可能性も示唆しているそうです。



Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA