来年2021年のiPhone 13は遅延無く発売予定。TSMCはA15チップ生産に向けて準備開始

9to5Macが、Ming-Chi Kuo氏のiPhone 13の量産スケジュールについての予想情報を伝えています。

こちらは今年のiPhone 12。個人的には来年のiPhone 13はミリ波デフォを期待しております。

これはTF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏の投資者向けノートによるもので、今年のiPhone 12は、新型コロナの影響で多くのメーカーが影響を受け、iPhone 12とiPhone 12 Proは1ヶ月遅れの10月に発表。
iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月に限定的な数が製造されましたが、来年のiPhone 13に関しては2021年9月までに遅延なく発売される予定。

SMC製造のA14チップの出荷予測が2021年第2四半期に前年比で低下していることについては「季節的なもの」であり、TSMCがiPhone 13シリーズ用の新しいA15チップの開発のために生産パイプラインのシフトを開始することが予想されるとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA