AirPods Pro 2リーク:改良したH1チップ、心拍検知、USB-Cポート、聴覚補助などなど

中国の52audioが「AirPods Pro 2」のリーク情報。


新しい「AirPods Pro 2」はアップグレードされたSiPパッケージシステム、自己適応型アクティブノイズキャンセリングをサポートし、より優れた性能と消費電力の向上したH1チップ、改良された「Find My」機能など、既存機能を強化した上で、さらに心拍検知、聴覚補助、USB-Cポート、高速充電の最適化などの新機能も備えています。

デザインについては、マイク開口部と音洞調整穴はAirPods 3に似ていて、新たにアクティブノイズキャンセリングのためのイヤーチップを追加。

心拍検出センサーを搭載していて、内耳データを収集・分析して心拍数をトラッキング。この心拍監視センサーは温度検出にも対応すると言われているものの、製品が発売されるまで確認できていません。


充電ケースのポートはLightningからUSB-Cポートに変更

USB-Cポートの両側には複数の開口部が追加され、右側の2つの大きな開口部は装飾的な金属構造で保護。

52audioによると、この右側の開口部は補聴器用のマイクで充電ケースから音を集めてイヤホンに伝え、音を強調して再生することができ、難聴者が環境の音を得るのに役立つ、としています。

また、スピーカーもあるため、「Find My」アプリと連携して充電ケースの位置をより早く把握することができるとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA