MagSafe固定対応のAnker新シリーズ「MagGo」5製品が出ました。気になった3製品はこんな感じ。

Ankerが、MagSafe対応の「MagGoシリーズ」として、「Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)(7,992円)」「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)(5,990円)」「Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)(7,990円)」「Anker 613 Magnetic Wireless Charger (MagGo)(7,990円)」「Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)(2,000円)」を発売。

それぞれ、同じ機能を備えたAnker製品のアップデートモデルになっていて、機能が改善されて、デザインが統一され、サイズが小さくなるなどの他、MagSafeでの固定に対応/ワイヤレス充電は7.5Wというのが主な共通点です。

以下、気になった3製品はこちら。


Anker 637 Magnetic Charging Station (MagGo)」は、MagSafe対応のマグネット式ワイヤレス充電機能(7.5W)、USB-A ×2、USB-C ×2、ACコンセント差込口x3を搭載した合計8台の機器に同時充電可能な充電ステーション。


USBポートの合計出力は最大65W。

USB-Cポートは45W+20W=65W。ACコンセントは別に935W使用可能。

複数ポートを使用時の最大出力は以下のようになります。


USB-Cのシングルポート使用でも最大45Wなので、MacBook Proなどは純正ACアダプターを使うということになりそうです。

続いて、「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」。


こちらはMagSafe対応の5000mAhモバイルバッテリー。

ワイヤレス充電は最大7.5W。こちらはMagSafe規格の15Wではなく、他のサードパーティのワイヤレス充電と同じく7.5Wです。


折りたたみスタンド機能があるので、MagSafe固定でワイヤレス充電しながら、デスク上に視聴しやすい角度でセッティングできるのが特徴。


あと、USB-Cポートは入出力可能なので、有線接続の充電時には最大12W出力、モバイルバッテリー自体の充電には12W以上の出力が可能なUSB-C充電器が必要です。

なお、ついでに書いておくと、MagSafe規格の15W出力が行えるのはApple純正の「MagSafeバッテリーパック」のみ。

15W急速充電が使えますが、Lightningポートで、1,460mAh、11,800円


なので、急速充電が絶対条件ではなければ、USB-Cポート+5000mAh+折りたたみスタンド付きで5,990円の「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」がよさそうです。

続いて、「Anker 623 Magnetic Wireless Charger (MagGo)」。


こちらはMagSafe対応の2-in-1 ワイヤレス充電ステーション。

MagSafe対応のiPhone 12 / 13シリーズは最大7.5Wで充電しながら、ワイヤレスイヤホンの同時充電が可能です。(※ただ、対応機種にはAirPodsはリストされていません

これはAirPodsに見えるんだけど対応製品には名前はありません

一般的な350ml缶よりも約40%小さいサイズで、スタンドとしても使う機能があります。


MagSafe対応のiPhoneケースであれば、装着したままで充電可能です。

以上、Ankerの新シリーズ「MagGo」、僕が気になったのは、この3製品でした。

そして、本日からのAmazonブラックフライデーの様子を見守る体で、、、。



M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA