Apple、WWDC2020を6月開催〜新型コロナウイルスの影響を考慮した新フォーマットで提供予定

Appleが、「WWDC 2020」を6月に開催するとアナウンス


Worldwide Developers Conferenceは通算で31回目。

今年もクパチーノのAppleヘッドクォーターで行われ、デベロッパー向けにiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの最新のアーリーアクセスが提供されます。

アップルのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィル・シラー氏は、現在の新型コロナウイルスの状況により、新しい形でWWDC2020をオンラインで届けるための新しいフォーマットを作成しており、今後数週間以内に詳細を発表するとしています。



M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA