Apple、新しい外付けディスプレイ3種類を開発中?24インチ、27インチ、32インチのPro Display XDR改良版

おっと、来年は新しい外部ディスプレイが出るかもしれません。

こちらは現行のPro Display XDR。新ディスプレイのデザインも気になるところ。

Apple新製品リーカーのDylan氏が、近日発売予定の27インチと現行の24インチiMac用ディスプレイと同じ仕様の外付けモニターが開発チームに届いたようだとツイート。


外付けモニターとして使用するために、ノーブランドの筐体に収められたLG製ディスプレイが3台、開発初期に登場しています。そのうちの2台は、近日発売予定の27インチと現行の24インチiMac用ディスプレイと同じ仕様です。

もう1台は、32インチのPro Display XDRを改良したものと思われます。このディスプレイにはブランド名はありませんが、少なくともAppleブランドであることが推測されます。

興味深いことに、32インチディスプレイを駆動するカスタムシリコンのリファレンスがあるようです。残念ながら、27インチと24インチのディスプレイには、カスタムシリコンに関するリファレンスは見つかりませんでした。

もちろん、これらのディスプレイのカスタムシリコンの可能性を排除するものではありません。そうでないことを証明する十分なデータがないということです。最後に、32インチと27インチのモニターは、miniLEDディスプレイと120hzの可変リフレッシュレートを搭載しているようです。

12/15にはDSCCが、”来春発売のiMac Pro 27インチはminiLEDディスプレイで、120hzのPro Motion対応”という予測を出していました。

この件は既にDylan氏は11/1に「ProMotion対応miniLEDディスプレイ、M1 Pro / Max搭載のiMac Proは2022年前半」という話をツイートしているので、タイミングとしてはDylan氏の予想の方が先でした。

過去のDylan氏の予想の的中率はそこそこ高い印象。

Appleの外部ディスプレイは、今は50万円もするPro Display XDRしかないので、サイズ違いのバリエーションを発売することはかなり現実味があります。

miniLEDでProMotionの27インチモデルは気になるかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA