Apple Musicにロスレス機能が追加か。24ビット/48kHzと24ビット/192kHzの対応を準備しているとのソースコードも発見される。

Apple Musicアプリに「まったく新しい音楽体験がやってきます」というティーザー・プロモートが追加。


Twitterでは、Apple MusicのLosslessロゴ、Hi-Rez Losslessロゴが発見されたというツイートもあり、9to5macはApple Musicウェブアプリのソースコードの中に、「Lossless」と「Hi Res Lossless」という音楽に関する新たな記述を発見したしています。


これはAndroidバージョンのApple Musicアプリで発見されたものと一致。

Android版のApple Musicは、24ビット/48kHzと24ビット/192kHzという2種類のLosslessビットレートへの対応を準備している模様。

Androidアプリのソースコードよると、最高品質のLosslessストリームは、3分間の曲1曲で最大36MBのデータを消費するようです。

Losslessの文字列はDolby AtmosやDolby Audioの文字列と並んでいて、AirPods ProおよびAirPods MaxのTHX SPATIAL AUDIO機能で3Dサウンドステージを実現するためにオーサリングされる可能性があります。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA