Apple Watch 7の生産が停止:デザインが難易度高くて製造クオリティの問題が出ているとの情報

NIKKEI ASIAが、Apple Watch 7の生産がクオリティ問題で遅れていると伝えています。

concept image via: phonearena.com

これはApple Watch Series 7のデザインが変更され、複雑なものになったことが大きな理由。

製造メーカーは先週から小規模な生産を開始したものの、満足のいく生産性能に到達するための決定的な課題に遭遇したとのこと。

3人の関係者によると、現在の期待外れの生産品質は、前世代のウォッチとは大きく異なるデザインの複雑さに起因している可能性があり、組立メーカーは電子モジュール、コンポーネント、ディスプレイを組み立てる際に問題を発見し、現在は生産は停止されているとしています。

Apple Watch Series 7には血圧測定などの新機能が搭載されるため、より多くの部品を収める必要があること、また、新製品は防水性能の要件も満たさなければならず、エンジニアリングと生産の課題はさらに大きくなるとみられています。

新しいApple Watchのデザインは、今までの曲面ではなく、iPhone 12やiPad Proのようなボクシーなデザインになると予想されていて、サイズもそれぞれ1mm大きく41mmと45mmの2タイプという情報も出てきています。

41mmバンドも出てきてます




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA