GoPro HERO 11 BlackとBlack miniが正式アナウンス。miniは10/25発売

GoPro HERO 11 BlackとBlack miniが正式アナウンス。

まずは、「HERO 11 Black」。


静止画は27MP/8:7のアスペクト比、動画は5.3K60、4K120 + 2.7K240広角視野角 16:9、4:3、8:7のアスペクト比。

新しいイメージセンサーにより、縦横ともに広い視野角。


メディアモジュラーなどを使うと、3.5mmオーディオマイク入力からRAW形式の音声取得 (.wav形式)が可能。これは嬉しい。

自動ブースト機能搭載HyperSmooth 5.0ビデオブレ補正。


すべての写真モードでRAWが利用可能。

防水は10mまで。

事前リーク情報では6Kとか、11m防水とかありましたけど、リーク情報はやや大袈裟というか、ややスペックアップしたものということになりました。


新しい1年間のGoProサブスクリプション付きで、16000円オフの62000円。

すでにサブスクユーザーであれば、さらに割引があります。(買うなら絶対使いましょうね。)

さて、次は小型アクションカメラ「GoPro HERO11 Black Mini」。


こちらはアナウンスされたけど、10/25発売というだけで、今のところはスペックは公開されていません。

サブスクユーザーなら48000円。結構するかも。これならHERO 11の方が良さそうな気もする。

けど、とにかく小さいカメラが欲しい!っていう人もいると思うので、それなりに売れるのかも。


GoProって、僕の用途としては室内シチュが多いし、解像度スペックがアップしたとしても、保存するファイルサイズが大きくなるので、日常の記録としては2.7Kあたりが一番使うことになると思います。

なので、買い換えるかどうかは他の機能も踏まえてかなあ。

10月に出揃ってからでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA