Gurman氏:今年のiPhone 13ではインディスプレイタイプのTouch IDは搭載されない

BloombergのMark Gurman氏がApple動向を伝えるPower On。

今週はTouch ID内蔵ディスプレイについて。

black smartphone

image via Pixabay

Bloombergが以前に複数の記事で「インディスプレイタイプのTouch ID」の搭載を報じていましたが、Gurman氏は少なくとも今年発売されるiPhone 13には搭載されないと考えていて、以下のようにコメントしています。

Appleは次のフラッグシップiPhoneのために画面内Touch IDをテストしていたが、今年はそれが採用されることはないだろう。

AppleはハイエンドのiPhoneではFace IDに全力を注いでおり、長期的な目標はディスプレイ自体にFace IDを実装することだと私は考えています。

なお、Ming-Chi Kuo氏は4月に「2023年のiPhoneはTouch IDだけでなく、Face IDもインディスプレー化の可能性」があると予想しています。

最近は、新型コロナのワクチン接種後であってもマスクをする必要性が伝えられているので、インディスプレイタイプのTouch IDには期待していたのですが、少なくともここ数年はマスクをずらしてiPhoneを解除する方向に変化はなさそうです、、、。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA