来ました。まずは新型mac mini。M2とM2 Pro搭載です。

来ました。

まずは、M2、M2 Pro搭載のMac mini



外観はほぼ変化なし。ポートはM2とM2 Proで違いますね。


M2は第二世代の5nmプロセスで製造。18%高速になった8コアCPU、35%高速になった10コアGPU(最大)、40%高速になったNeural Engine、ProRes対応、6Kの外部ディスプレイに対応します。

ディスプレイはThunderbolt経由で最大6K解像度、60Hzのディスプレイ1台と、Thunderbolt経由で最大5K解像度、60HzのディスプレイまたはHDMI経由で4K解像度、60Hzのディスプレイ1台。

M2 Proだと、最大3台のディスプレイ:Thunderbolt経由で最大6K解像度、60Hzのディスプレイ2台と、HDMI経由で最大4K解像度、60Hzのディスプレイ1台
最大2台のディスプレイ:Thunderbolt経由で最大6K解像度、60Hzのディスプレイ1台と、HDMI経由で最大4K解像度、144Hzのディスプレイ1台
HDMI経由で最大8K解像度、60Hzのディスプレイ1台または4K解像度、240Hzのディスプレイ1台。

最大2.4Gb/sのスループットのWi-Fi 6Eにも対応。


プロユーザーが使っているところも動画にあるけど、少し重めな映像処理作業も楽々と行っている様子。

本体サイズが小さいので、デスクトップにも設置しやすく、取り回しがいいので持ち運びもできます。

お値段は256GBが84,800円、512GBが112,800円、M2 Pro搭載モデルは512GBで184,800円から。2/3発売。

すでにそこそこ満足してる外部ディスプレイを持っているユーザーは、M2 Mac miniで十分かもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA