iOS版「Pebble」アプリがメンテナンス・リリース。ログイン・スキップ可能になり、オフラインでも使用可能に。


iOS用の「Pebble™ – Pebble Technology Corp.」のバージョン4.4がリリースされています。

「Pebble」は、昨年末にFitbitに買収され、予定されていた新製品も全てキャンセルされています。
今回のバージョンは既存ユーザーができる限り利用できるように修正を行った、メンテンス・リリースとなります。


バージョン4.4では、Pebbleスマートウォッチの機能を保ちながら、クラウドサービスに依存しないように機能が変更修正されています。

・オンライン・サーバーにアクセスできない場合にログイン・プロセスをスキップできるようになった。
・コントタクト・サポートへのオプションを削除。ただし、ヘルス・データなどは書き出し可能。
・ヘルス・データの収集、遠隔レポートは削除。
・新しい機能のサジェストは削除。
・設定のHealthKitをオンにすることで、Appleのヘルス・アプリにデータを送る機能の追加。

このほか、デベロッパー向けの情報として、「Pebble App and Developer Transition Updates」も公開されています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。