iPhone 13レンダリング:サイズは変わらず、デザインも踏襲方向ながらも、ノッチ部分には変化がある模様

MySmartPriceが、iPhone 13レンダリングを公開。


業界関係者からの提供とされているiPhone 13の3Dレンダリング画像で、現在までに情報が出ていたようにデザインはiPhone 12を踏襲。

Phone X以降のシリーズのエッジ・トゥ・エッジ・ディスプレイと融合しつつある旧来のiPhone 5/5Sのようなデザインになり、サイズは146.7×71.5×7.6mmとこちらも変化がないようです。

大きな違いとしては、前面のカメラ用のカットアウトが3つあること。

iPhone 12はFaceID用のドットプロジェクタ、赤外線カメラ、メインのフロントカメラにそれぞれ穴が開いているので一見同じに見えますが、通常の配置ではノッチの左側に2つのカットがあり、中央にイヤホン、ノッチの右側にカメラ用のカットがあります。


しかし、今回のレンダリングでは3つのカットアウトが隣り合って配置されていて、MySmartPriceは前面に2つのカメラを搭載することを考えてるようにも思えるとしています。

イヤホンは上に配置されています。


iPhone 13のリアカメラについても大きな変化はなさそうで、カットアウトはカメラのためにモジュールの両隅に2つ、フラッシュとノイズキャンセリングマイクのためにさらに2つ、合計4つのカットアウトを確認することができます。

LIDARセンサーについてはiPhone 13には搭載されないようですが、これはAppleがAR(拡張現実)のトップ機能をProモデルに残したいと考えているからではないかと思われます。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA