iPhone 13 Proには新たにマットブラックカラー、新しい指紋防止コーティング、新しいノッチデザインなどが採用との予測

EverythingApplePro E A Pが、iPhone 13 Proにはマットブラックカラーが追加され、新しいノッチデザインになるという話を公開しています。

情報ソースはMax Weinbach氏となっていて、動画によるとAppleは(少なくとも)Proモデルについてカラーバリエーションを増やしているようです。

外観のデザインはiPhone 12のデザインを踏襲するとみられますが、iPhone 13 Proモデル用にグラファイトカラーの代わりにプレミアムなピュア・ブラック・バージョンを追加。

Appleはブロンズやオレンジの実験も行ったようですが、これは今年は発売されないと予想されています。


また、iPhone 13 Proには新しい指紋防止コーティングが施され、ガラスとステンレススチールバンドの外観の不完全さを軽減するようです。

その他の情報では、iPhone 7 Plusで初めて導入された擬似的なボケ効果であるポートレートモードの仕組みの見直しが行われていて、カメラのデータとLiDARスキャナーの深度情報を組み合わせて機能が大幅に改善されたものになるようです。


iPhone 13シリーズは9月に登場する予定。

画面サイズのバリエーションはiPhone 12と同じ5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3種類。Appleは120Hzの高リフレッシュレート表示に対応する新しい有機ELスクリーンを採用すると考えられています。

また、追加の話として、数年前から噂のあったトラッキングタグ製品の「AirTags」について、サイズは32mm x 32mm x 6mmで、39ドルと予測しているという話も出ています。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA