実現したらマジで朗報。2023年のiPhone 15はUSB-Cポート採用の見込み。

お、ようやく。来年のiPhoneでようやくUSB-Cコネクタが採用されそうです。

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のツイートがこちら。


私の最新の調査によると、2H23年の新型iPhoneはLightningポートを捨て、USB-Cポートに変更されるようです。USB-Cはハードウェア設計上、iPhoneの転送速度や充電速度を向上させる可能性がありますが、最終的な仕様の詳細はまだiOSのサポートに依存しています。

iPhoneやアクセサリー製品がUSB-Cポートを採用することにより、ICコントローラ、コネクタなどのUSB-C関連サプライヤーが恩恵を受けるのは確実。


もし、順調に開発が進んで、2023年のiPhone 15に搭載されれば、2024年以降に発売されるAirPodsや外付けのMagic KeyboardやMagic Mouseなどの純正アクセサリーのポートも順次、USB-Cに置き変わりそうです。

Appleにとっては買い替え需要も見込めるし、ユーザーは汎用性のあるUSB-Cケーブルを使えるようになるし、いいことづくめのように思います。

デメリットを捻り出すと、USB-Cケーブルは性能が見分けづらいという部分はありそうです。

それ以上にメリットが大きそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA