体温測定機能がApple Watch 8に搭載されるかはアルゴリズム次第みたいです

体温測定は便利そうだけど、技術的にちょっと難しいのかも。

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏がスマートウォッチでの体温計測の問題点についてツイート。


Appleは昨年、Apple Watch 7の体温計測を中止しましたが、これはアルゴリズムがEVTの段階に入る前に適格性を欠いたためです。Apple Watch 8は、量産前のアルゴリズムがAppleの高い要求を満たすことができれば、下半期に体温測定が可能になると考えています。

正確な体温計測を実現するための課題は、外部環境によって皮膚温がすぐに変化することです。スマートウォッチはハードウェア的に体幹の温度測定に対応できないので、優れたアルゴリズムとの連携が必要です。

サムスンもこの課題に直面しています。これまでのメディアの報道とは異なり、2H22年のSamsung Galaxy Watch 5はアルゴリズムの限界で体温計測をサポートしない可能性があると思います。

どうも、今のところ、Apple Watchに限らず、手首のセンサーで体温を測定するのは正確性に欠けるようです。

これをソフトウェアのアルゴリズムで解決できるようになれば、今年秋のApple Watch 8に搭載される可能性もあるかも?

あったら便利そうなんですけどね、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA