Mac/Windows対応で、好きなキー軸を選べる、ウルトラスリムなワイアレス・メカニカルキーボード「Keychron K1」のファンディングが開始

株式会社TS TRADEが,GREEN FUNDINGで、クラウドファンディング企画「Keychron K1」を開始しています。リターンのある支援コースは8,970円からです。
日本初上陸キャンペーンとして「キー軸」「キー数」「バックライト」を好みに合わせて選択できるセミオーダー式となっています。出荷予定は2020年4月です。

「Keychron K1」は、世界最薄レベルで、デザイン性、ユーティリティに特化したMac/Windows兼用メカニカルキーボード。

従来のメカニカルスイッチよりも48%薄い、8mm厚のスイッチを採用しており、同時にメカニカルキーボード特有の打鍵感を実現しています。

この動画は”しっかりした打鍵感の青軸”の使用動画で、キーを押すときの独特の心地よさがあると同時にタイピングの音は大きめとなっています。

これよりも音が小さい消音性が高く、軽いスイッチ感の赤軸バージョンもあり、これらのキー軸をオーダーする際に選べるようになっています。

また、テンキーが付属する104キーバージョン、テンキーが無い87キーバージョンを選べるほか、バックライトのカラーを「シングル」と「RGB」から選ぶこともできます。

また、Mac独自の[option],[command],[siri]、Windows独自の[windows],[alt],[coltana]それぞれのキーが同梱されており、自分で付け替えることが可能です。

Bluetooth接続で、同時に3デバイスまで同時接続が可能。
Mac、Windows、Androidに対応しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA