Kuo氏:2022年のiPhoneは8Kビデオ、12メガピクセルでの出力も可能な48メガピクセルのレンズを搭載との予想

そして、来年2022年のiPhoneの予想。

MacRumorsなどがTF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏の最新リサーチノートでの来年2022年のiPhoneについて伝えています。


2022年のiPhone 14のラインナップは、2つの6.1インチのローエンドモデル、2つの6.7インチのハイエンドモデルで、販売数が予想に届かなかったミニサイズの5.4インチは廃止されると述べています。

ハイエンドのiPhone 14モデルには48メガピクセルのカメラを追加。

ピクセルサイズについては、iPhone 12が約1.7um、iPhone 13が約2um、2022年モデルのiPhoneが約1.25um。

iPhone 14モデルに搭載されるカメラは12メガピクセルでの出力も可能な48メガピクセルのレンズとともに、ハイエンドのiPhoneは8Kビデオの撮影が可能になり、スマートフォンのカメラ写真を新たなレベルに引き上げると確信しているとしています。

MR/ARに最適な解像度は8Kから16Kであるため、2022年のiPhoneに搭載される48メガピクセルのカメラから”AR/MRデバイスにより適した “動画や画像を作成し、それが “AR/MRのユーザー体験を向上させる “と述べています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA