microLEDディスプレイ搭載は早ければ2024年のApple Watchから。

今週のMark Gurman氏のPower Onで、Appleが開発中のmicroLEDディスプレイ搭載は早ければ来年のApple Watchという話。いくつかはBloombergで先行して記事になっていた内容と被ります。まとめですかね。


microLEDディスプレイ開発するプロジェクト「T159」がスタートしたのは約6年前の2017年。

このスクリーンは従来よりも輝度が高く、色の再現性が高く、より多くの角度から見ることができるだけの性能を備え、あたかもガラスの上に描かれたような画像を表示することができるとのこと。

Gurman氏は”このスクリーンは、2024年末に予定されているApple Watch Ultraのアップデートで初めて登場する予定。そして、その数年後にはiPhoneに、そしていつかiPadやMacにも搭載されるかもしれません。”と述べています。

また、5GセルラーモデムとWi-Fi、Bluetoothモジュールや関連チップについても開発に取り組んでいて、Samsung Electronicsなどのライバルの部品も製造しているサプライヤーではなく、Appleのハードウェアチームのスピードとイノベーションに依存するようになる、としています。

iPhone SE 4の開発が中止され、搭載予定だった自社製5Gチップがどうなるか?という話が数週間前に出ていましたが、iPhone SE 4が取りやめになったとしても、内部チップの開発に関しては当初の計画が進んでいるとみてよさそうです。

なお、今回のPower Onは半分以上が「Macへのタッチスクリーン機能搭載の重要性をアピールする」という内容で、まあこういうのはAppleに直接投げかけたらどうでしょう?と思うのと、新しい世代の顧客獲得には彼らが慣れ親しんでいるタッチディスプレイ機能を搭載するべき、という主張はそれはそうかもだけど、今のmacOSにタッチスクリーン機能を追加しても便利さを感じる製品になるかどうかは疑問かなとも思いました。

Appleは、ここ数年はReality OneあるいはProというVRMRデバイスに注力しているので、タッチスクリーン対応になってもソフトウェアが最適化されないとかバグ多しとかいう落ちになるんじゃないかと、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA