Ming-Chi Kuo氏:2020年のiPhoneは合計5モデル、2021年には「iPhone SE 2 Plus」、完全ワイアレス化のiPhone 13が発売と予測

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏がリサーチノートで、来年2020年は5G対応のiPhone 12の4タイプに加え、以前から噂されていた「iPhone SE 2」が発売されると予測しています。

5G対応iPhone 12には、Qualcomm X55モデムを搭載。

全てOLEDディスプレイとなり、2眼レンズの5.4インチ/6.1インチモデル、3眼レンズの6.1インチ/6.7インチの4タイプ。

「iPhone SE 2」は4.7インチLCDで単眼レンズとされています。

翌年2021年には、(Face IDではなく)Touch IDとパワーボタンを統合した5.5インチまたは6.1インチの「iPhone SE 2 Plus」、2021年のiPhone 13ではLightningポートを無くし、完全にワイアレス化したハイエンドモデルを予測。

5Gモデルは、通信市場での浸透率の低さやコスト削減のためにnon-mmWave機能の搭載が見送られ、Sub-6G+mmWaveという形でアメリカ、カナダ、日本、韓国、イギリスで発売されるとしています。

出荷台数は、2020年後半のiPhone全出荷数の20%を占めるとも予測しています。



2件のフィードバック

  1. th より:

    新モデルが4つは多すぎ、被る気が。現行モデルも値下げして並行して販売されるでしょうし。OLEDがそんなに安価で製造数も維持できるのか?液晶残ると思うんですが。

  2. M.Hirose より:

    SE入れると全部で5種類ですからねー。まあ、主力に関しては毎年3モデルは出ていたので、そこにもう一つ選択肢があると思えばいいカモ。。
    でも、OLEDに5G対応で全体的に価格がさらに上がるんじゃないかと、そっちが心配です。
    LCDはパーツ価格もこなれているし修理価格も安いし、僕も残した方がいいと思うんですが、Apple的にはそのマーケットはSEでカバーするのかなあ。だったら、SEでもいいんですけど、ただ4.7インチはもう小さく感じちゃうんだよなあ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。