Harman Kardonスピーカー搭載のポータブルプロジェクター「MoGo Pro」と「MoGo」が2/6発売


プラススタイル株式会社が,ポータブルプロジェクター「MoGo Pro」と「MoGo」を2/6に発売します。44,800円、74,800円です。

「MoGo」は、高音質なHarman Kardonスピーカーによる高い再生能力を備えた、フルHD(1080p)の解像度を投影できるAndroid TV採用のポータブルプロジェクター。

3W出力のHarman Kardonスピーカーを2基搭載。

Android TVベースで、CPUは「Amlogic T950X2」、GPUは「MaliG31」、2GB RAM/16GBストレージ。
Android TV向けGoogle Playストアで4000種類以上のアプリをダウンロードしたり、リモコンのマイクからGoogleアシスタントを使うこともできます。

約94.5×146×105.5mmのコンパクトサイズに10,400mAhバッテリーを搭載しており、省エネモードでは映像を最大4時間投影できるほか、音楽は最大8時間再生が可能です。

上位モデルの「MoGo Pro」とエントリーモデルの「MoGo」は映像出力の性能が異なり、MoGo Proは現在ハイスペックモデルで主流の720pを超える1080p、MoGoは540pの解像度で30~100インチクラスの映像投影となっています。

オートフォーカスの検出ポイントは1万カ所に及び、数秒で自動的にフォーカスを調整する他、特許取得済の「Smart keystone補正」により、垂直方向については±40度まで自動的に補正することができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。