Other Interests(AirPower特許も/Jeep Gradiator/日米の職場環境/ゴーン氏関係)

AirPowerの特許も出てる

ノッチレスデザイン/インディスプレイFace ID+Touch IDの新iPhone」の件で、JPO公開資料を調べていたところ、”ポータブル電子デバイス用のワイヤレス充電マット”の特許が12/5に公開されてました。

これは、WIPOにAirPowerトレードマークが登録されていたこととも関係することなので、それほどビックリすることでもなさそうですが、開発が引き続き行われていそうな兆候ではあります。

まあ、開発されていていたとしても、実用に至らない場合、Appleは延期することもあるので、実際に発売される時期まではわからないですが。



話題の新型「グラディエーター」2020年に日本導入!? 世界中でなぜ人気なのか | くるまのニュース

Jeep Gradiator。


カナダとかでは販売されているけど、日本では正規ディーラーは扱ってません。

で、今回、並行輸入で10台入荷したお店があって、そこでのレポート。

ピックアップトラックでもあるGradiatorは、何しろ、全長5.5mもあるので、日本(特に首都圏)で乗るのは現実的じゃないけど、見るだけでワクワクします。

田舎に住めば乗れるかなあ。

荷台の掃除も大変そうだなあ。

でも、乗ったら楽しいんだろうなあ。



米国から一時帰国して「老害」がなくなるといいなと思った話 – メソッド屋のブログ

アメリカのMicrosoftでソフトウェア・デベロップメント・エンジニアの仕事をされている方の日米の職場環境についての話。
こういう環境は羨ましい限りです。

日本でも年齢に関係なく、能力が正当に評価される職場が増えていって欲しい、と思うのですが、今ある組織形態で食べていく人がいる限り、この方向は変わらないのかなあとも思い始めてます。

少なくとも、昭和の頃に大きな収益を上げた大企業では、なかなか変革は進まないのかなと。

となると、外資系か自分たちでスタートアップで作っていくしかないかもしれませんねえ、、、。



ゴーン氏出国は「単なる刑事事件」の被告人逃亡ではない~日本の刑事司法は、国際的な批判に耐えられるのか(郷原信郎) – Yahoo!ニュース
楽器の箱に隠れ日本出国? ゴーン氏、親戚宅に滞在か―レバノン報道:時事ドットコム
逃亡後のゴーンが明かした日本への「復讐計画」 | 東洋経済オンライン

トルコでは密入出国に関係したパイロットなどが複数名拘束されたという話も出ていますが、ゴーン事件の捜査経過の問題は、これから世界的にさらに大きく報道されるんでしょうね。

ゴーン氏曰く、”また逮捕されるのではないかという恐怖”から記者会見もできないということも主張。

こういうことがグローバルとして適切なのかどうかは、今後、世界中のメディアが分析していくでしょう。

一番下の記事はAFPなんですけど、その記事の最後に産経、毎日、朝日の報道の仕方が引用されていて、ああ、やっぱり日本って、こういう時に精神論を語ってしまう国なんだなーと今更ながら実感しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。