Pixelmator Pro 3.0 Museリリース:200種類以上の新テンプレート、フルカスタム可能なモックアップ、3つの機械学習機能など

macOS用の画像エディター「Pixelmator Pro 3.0 Muse」がリリース。


Mac用の画像エディターとしては、すでに定番のポジションを確立している「Pixelmator Pro」ですが、今回リリースされたバージョン3.0(コードネーム:Muse)では、200種類以上の使いやすいテンプレート、16 のフルカスタマイズ可能なモックアップ、AI を使用したテンプレート編集、ドキュメントカラーパレットなど、まったく新しいデザイン作成方法として、さらに新機能を追加しています。


ソーシャルメディアへの投稿、履歴書、ポスター、カードなど、さまざまな形式の高品質なデザインをすばやく作成できる200種類以上の新しいテンプレート。

数回のクリックでテンプレートをパーソナライズし、オリジナルデザインに仕上げることができます。

また、スモールビジネスやパーソナルブランド用として、同じデザイン言語を使って作られたウェブ用、印刷物用など、12種類のブランドコレクションがあります。

美しくデザインされた構図で、フルカスタマイズ可能なモックアップ。

Mac、iPad、iPhoneなどのデバイスや、ポスター、ブックカバーなどの印刷物用のモックアップが用意され、ライティング効果を変えたり、コンポジション内のさまざまな要素を再カラーリングして、好みのデザインに仕上げることもできます。

この超高品質なモックアップは、プロフェッショナル用途としても使用可能なクオリティで、Pixelmatorのマーケティング チームはこの新しいモックアップを使って、現在、App StoreでPixelmator Proを紹介するために使用しているそうです。

バージョン3.0では、この他にも背景の除去、自動塗りつぶし、超解像の3つの機械学習機能なども搭載。

サブスク全盛の現在ですが、「Pixelmator Pro」はいまだに買い切りタイプ。

10月5日に日本を含むApp Storeで価格改定」が控えているので、まだ「Pixelmator Pro」を購入していない方にはおすすめしたいアプリです。

なお、クリックしても僕には一銭も入りませんので、アフィ嫌な方も是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA