Gurman氏:今週の発表には「次世代モニター」「iMac Pro」「新しい小型のMac Pro」もあり得る

Mark Gurman氏による今週のPower On。

3月8日(日本時間3月9日)開催のAppleイベントでの新製品について。

こちらはPro Display XDR。

まず、様々なリーカーやアナリストが当初予想している通り、5G対応/より高速なプロセッサ/改良されたカメラが搭載される「iPhone SE 3」、「iPad Air」は確定な模様。

「iPad Air」は昨年のiPad miniと同程度の性能になり、2020年からのデザインを維持しつつ、オプションで5G対応、A15チップ、FaceTimeカメラ用のCenter Stageが追加。

以前から、Gurman氏は今回のイベントで「少なくとも1機種のmac製品が発表される」としていて、それはMac mini、13インチMacBook Pro、iMacが可能性ありと考えていることを書いていましたが、今回新しい予想として「次世代モニター」「iMac Pro」「新しい小型のMac Pro」もあり得ると考えているようです。

今週のAppleイベントは”Peek performance”というフレーズが使われていますが、この言葉は明らかにAppleデバイスの何らかのスピードアップを示していて、それは、新しいiPhone、iPad、Macに搭載される5Gやより高速なメインプロセッサーを含むものになりそうです。

さらに、Appleはこの数週間にM2と推測される、8コアCPU(4つの効率コアと4つの高性能コア)と10個のGPUコアを含む新しいチップを搭載した複数のMacをテストしているようです。

Appleは5月〜6月の期間の両方で新しいMacを発表する予定とのことで、M2および/またはM1 Proチップを搭載したMac mini、M1 Pro/M1 Maxを搭載したiMac Pro、M2チップを搭載したMacBook Proなど、今年前半に発売予定のM2およびM1 Pro/Max MacMac新製品については、今週の3/8のイベントも含めて、分散して発表される可能性が高そうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA