1.5インチスクリーンで各ポートの機能や接続デバイスを表示するUSB-Cハブ「Visual Dock2」がファンディング中

OS内蔵、1.5インチスクリーンにちょっと惹かれるUSB-Cハブです。

Visual Dock事務局が、Kibidangoで「Visual Dock2」のクラウドファンディングを開始。

早割価格は13,850円から。

Visual Dock2」は、Power Delivery対応100W出力の液晶ディスプレイ付きの8-in-1 USB-Cハブ。


今までのUSBハブは接続してから、一連の動作確認を行うことで各機能を確認するわけですが、このハブだと中央の1.5インチスクリーンで各機能の状態を確認可能。


表示される内容は、コネクタに接続されているかどうか、デバイスの種類、メインチップの温度
、ポートやデバイスが正常に動作しているか診断など。

4K@60Hz HDMIセクションではモニターのブランド、サイズ、現在の最大解像度、製造日、温度など。

Power Deliveryセクションでは電圧、電流、温度を表示することができます。


また、4K/30Hz出力にしか対応していないノートパソコンの出力を、4K/60Hz出力にアップコンバートする機能もあります。

ハブ内部にはターボ冷却ファン搭載のため、高負荷がかかり熱を発生する場面ではファンを使って冷却することができます。例えば、手動で65-85℃で冷却設定することもできるので、この場合には設定温度に達すると自動でファンが回るようになります。

Visual Dock2

現在公開されている互換リストには、MacBook Pro 2021は載っていないので、(使えないことないと思うけど)購入の際にはご注意を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA