WSJによるノートブックのキーボード打鍵音の比較レビュー〜16インチMacBook Proは僅差で2位

WSJが、新しいシザー構造のMagic Keyboardを搭載した16インチMacBook Proの打鍵音を他のノートブック製品と比べるテスト動画を公開しています。

テストは音の反射の無い無響室で行われ、以下のような結果になっています。

オーソドックスなタイプライター – 60.2デシベル
MacBook Air(バタフライキーボード) – 41.9デシベル
Surface Laptop 3 – 33.8デシベル
Dell XPS 13 – 32.3デシベル
2015 MacBook Pro – 31.2デシベル
16インチ MacBook Pro(Magic Keyboard) – 30.3デシベル
Pixelbook Go – 30.1デシベル

音量が大きい順に並び替えると以下のようになります。

一番静かだったのは、静音設計のHush Keyを搭載したPixelbook Go。

2番目に16インチ MacBook Pro(Magic Keyboard)ですが、Pixelbook Goとの差は0.2デシベルで実際の聴覚上では聞き分けるのは難しいくらいの僅差と言えます。

3番目は2015 MacBook Proで、これはバタフライキーボード以前のキーボードです。

16インチ MacBook ProのMagic Keyboardは、バタフライキーボードの問題が解消されているだけでなく、静音性能も向上していることがわかります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA