14nm Kaby Lake搭載の新型MacBook、新型iPhone、新型iPad Proと共に9月発表の予測

#MacBook現行モデル

DIGITIMESが、新しいMacBookのエントリーモデルが9月に発売されるという情報を掲載しています。
これは市場関係者からの情報です。

新しいMacBookは、Intelの14nm Kaby Lakeプロセッサーを搭載し、価格は1,200USドル。

新iPhoneシリーズは、従来通り、5.8-inch OLEDディスプレイモデル、6.5-inch OLEDディスプレイモデル、6.1-inch LCDモデルの3製品で、6.1-inchモデルは安価なプライス・フレンドリー・モデルで売れ筋になると予測されています。

また、「AirPower」の発売スケジュールも同時にアナウンスが予測され、価格は161〜193USドルとされています。

iPad Proは、12.9-incモデル、11インチモデルの2種類を準備しており、11インチモデルは現行の10.5-inch iPad Proをリプレイスする製品になりそうです。
ラインナップとしては、ナローベゼルで最薄の12.9-inchと11-inchのiPad Pro、
9.7-inchのエントリーモデル「iPad」、7.9-inch iPad mini 4の4製品とされています。

新しいiPad Proの2モデルは、USB Type-Cインターフェイスの18Wパワーアダプターで、より高速な充電が可能。
iPad mini 4については、特に変更はないようです。

13インチの廉価なMacBookは、当初、2017Q4に発売予定でしたが、Intelの10nm製造プロセスに問題があったため、今年に持ち越されました。
この10nmプロセッサーは、Intelが2019年前半まで出荷を見送ることを決めたため、Appleは今回の14nm Kaby Lakeプロセッサーに合わせて、MacBookのアーキテクチャーをデザインし直したようです。

廉価版MacBookは、2018年度中に800万台前後の出荷が見込まれています。



Tags:
2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA