iPhoneの5.8インチ・アニバーサリーモデルにはフラットなOLEDが搭載、アスペクト比が変更されるとの予想

MacRumorsが、今年発売されるiPhoneモデルには、フラットなOLEDで、より長いアスペクトレシオのデザインが採用され、この方向性は2017年のトレンドになるという予想を伝えています。


5.8-Inch iPhone Expected to Have Flat Display Despite ‘Curved’ Rumors

これは、IHS Markitのアナリスト、Wayne Lam氏のコメントによるものです。

Lam氏は、今年発売される特別なiPhoneは現在の2.5Dグラス・デザインに近い、フラットなOLEDが採用されると予想しています。
また、先日アナウンスされたLG G6のように、より長いアスペクト・レシオ・デザインとなり、この新しいデザイン・ランゲージは2017年のトレンドになると見越しています。

LG G6は画面アスペクト・レシオは18:9で、縦のサイズが横の二倍というデザインです。

現在のiPhone製品のアスペクト・レシオは、iPhone 7 Plus / 6 Plusが16:9、その他のモデルは約16:9となっています。

また、噂のある曲面OLEDディスプレイに関しては、製造コストや歩留まりのことを考えると、Appleは現行機種の2.5Dグラス・デザインをベースにして、フラットなOLEDディスプレイを下層に配置する設計を選ぶのではないかとの予想もあります。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA