iPhone Xのコンポーネントの歩留まりが改善。年末にはAppleの需要を満たすとの予想。

DIGITIMESが、サプライチェーン筋によると、iPhone Xのコンポーネントの歩留まりが改善してきており、年末には需要を満たすことができるのではとの見方を伝えています。

Yield rates for iPhone X components improving

この情報はAppleのサプライチェーンからの情報とされています。

当初、製造の難しさを伝えられていた3DセンサーモジュールなどのiPhone X特有の部品は歩留まりが改善しており、クリスマスと年始ホリデーシーズンに向けて、Appleの需要を満たすことができると見ているようです。

また、新しいiPhoneのチップのオーダーは2017年Q4に増加し、2018年Q1に控えめに発注が行われているようです。

ただ、時期的に、ユーザーのすべての需要を満たすには2018年Q1までかかるとの話も出ているため、しばらくの期間は品薄になる可能性が高そうです。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA