iPhone XSシリーズは2018年遅くにはスローダウンするとの見方

DIGITIMESが、iPhone XSシリーズは2018年遅くにはスローダウンすると見ている予測を伝えています。

これは台湾のハンドセット・サプライチェーンの関係者がソースとなっています。

セールスを判断する大きな指標の一つからは、iPhone XS / XS MaxはiPhone 6世代のような熱狂的な受け入れ方は見られず、コンシューマーは高額なXS Maxを避けており、XSは機能的なアップグレードが不足していると感じているようだとしています。

もし、グローバルでのiPhone XS / XS Maxの販売が、予想を下回るようであれば、AppleはiPhone 6sやiPhone 7の時と同じようにサプライチェーンの注文を減らすと考えられています。


このソースでは、前評判でポジティブに推移すると予測されている、10月末発売のiPhone XRについては、ハイエンドのAndroidスマートフォンと比較すると特に価格性能が優れているとは言えず、新iPhoneのために設備を増強したサプライチェーンメーカーは、これらの減産リスクへの対処が必要になるとしています。



Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA