webOSデザインチームも合流した「Pebble」。昨年末に100万台の出荷完了。

ss_1519The Vergeが,売れ行き好調のスマートウォッチ「Pebble」のCEO Eric Migicovsky氏のインタビューを行っています。




Pebble

この中で,Migicovsky CEOは,より低価格で高機能な製品を投入した結果,2014年12/31までに100万台のPebbleを出荷したことを明らかにし,今年発売する製品のソフトウェアは,従来の方向性とも,他社の方向性とも異なるプラットフォームと表現しています。


昨年2014年は”開発イヤー”として,開発スタッフを30名から100名以上に拡大しており,その中にはLGのwebOSデザインチームに在籍していたメンバーも含まれています。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA