アナリスト予想「WWDCでは新型iMacが発表。ARM版はMacBook Proと(その次の)iMacが最初のモデルに」

9to5Macなどが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のMac製品ロードマップ予想を伝えています。

こちらはPro Display XDR。となると、iMac Proですかね…

Appleが、Mac製品へも自社開発のARMプロセッサーを搭載するという話は以前から出ていましたが、Bloombergは明日から開催のWWDC2020において、このARMプロセッサーへの移行計画を発表すると報じていました。

Kuo氏の予想は、これに加えて、ARMプロセッサーを搭載する最初の製品は13インチのMacBook Pro、新型iMacで2020年第4四半期/2021年第1四半期から出荷されるとしています。

この2つのARMプロセッサー搭載製品とは別に明日のWWDC2020で発表される(かもしれない)Intel搭載iMac製品の存在も出ていて、今までの噂ではPro Display XDRのような薄いベゼル、Apple T2チップ、AMD Navi GPUを搭載した新しいインダストリアルデザインを特徴としているという話もあります。

ただし、Jon Prosser氏は、「Looking like any possible hardware has been scrapped for WWDC tomorrow」とツイートしていて、その他のメディア関係者もハードウェア製品の発表はなさそうだという話も複数出てきています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。