コロナウイルスにより、Foxconn、PegatronなどのAppleサプライヤーが影響を受け始めている〜Q1出荷数は10%減の見込み

MacRumorsが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、今回の中国におけるコロナウイルスにより、Foxconn、PegatronなどのAppleサプライヤーが影響を受け始めているとみていることを伝えています。


これはKuo氏の投資家向け情報として送られたものです。

Foxconnの鄭州市工場は、iPhone 11や来月にも発売されると噂のあるローコストiPhoneモデルが製造される、極めて重要な拠点ですが、すでにかなりの遅れが出ているようです。

当初、2/2にも操業再開となるはずでしたが、少なくとも一週間の延期となり、再開した時には戻ってくる従業員は旧正月の40〜60%程度となると予想しています。

深セン拠点は、主に2020年のiPhoneにフォーカスするデベロッパーチームが在籍。これは全従業員の30%にあたり、旧正月の休暇を取らずに作業を進めていましたが、操業再開が少なくとも1週間遅れたことで、リターン率は30〜50%に止まるとしています。

Foxconnは、製造機器を太原市とインドに移して対応するようですが、これらの拠点は製造数に限界があるようです。

Pegatronは、上海工場において、iPhone 11‌の製造とiPhone 12の開発業務を2/3に再開。

従業員のリターン率は90%。(Kuo氏は当初、リターン率を40〜60%と予想)

ローコストiPhoneモデルを製造予定の崑山市(こんざんし)の工場は2/10再開予定。ただし、数日の遅延が予測されています。

Kuo氏の現在の出荷予想は、いまだに不確実性があるため、具体的な数字を出していませんが、先週の段階でQ1の出荷数は10%減の3600万〜4000万ユニットとしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。