新型MacBook Pro 14″/16″のminiLEDバックライトはラディアント・オプトエレクトロニクスが独占供給で今年後半に発売の見込み

DIGITIMESが、LEDバックライトユニットの業界筋の情報を伝える中で、14インチ/16インチMacBook Proの発売時期は2021年後半と予測されていることを伝えています。


ヨーロッパの自動車メーカー向けの10インチの自動車ダッシュボード用LEDバックライトユニットなどを出荷し、LCDパネルメーカーのジャパンディスプレイとも提携関係にあるRadiant Opto-Electronicsは、2021年後半にAppleが発売する、14インチと16インチのminiLEDバックライト付きMacBook Proモデルのバックライトユニットの独占供給者となり、Quanta ComputerがOEMとなると情報筋は指摘。

今年発売されると多くの人が予測しているMacBook Proに関する情報では「MacBook Pro 14″/16″モデルにはHDMIポートとSDカードスロットも搭載される」「MacBook Pro 14″/16″モデルはフラットエッジデザイン、MagSafe復活、TouchBar無しとの予想」「2021年発売のMacBook Pro、iMacには16個のパワーコアと4個の効率コアを積んだ次世代Apple Siliconが搭載〜2022年にはApple Siliconに完全移行か」というものが含まれていて、Apple Siliconの新CPU、デザイン、機能面全てにおいてメジャーアップデートされる製品になりそうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA