Appleの5G対応iPhoneは”今のところ”予定通りのスケジュールで進行中

via:PhoneArena

DIGITIMESが、今年秋の新iPhoneについて、Appleは従来通りのスケジュールで発表発売することを考えているという話を伝えています。

中国、台湾の製造メーカーは今回の新型コロナウイルスにより、旧正月以降、工場の操業停止で大きな影響を受けており、新iPhoneの製造は6月以降になる見込みですが、今のところ、Appleは例年通り、9月のイベントで発表するというスケジュールを考えているようです。

業界筋によると、5Gセグメントでの市場シェアを強化するため、5Gデバイス対応のための5nm A14プロセッサに対するAppleの需要は、7nm A13よりも50〜60%高くなるとみられています。

なお、メモリー業界では、今回の新型コロナウイルスの影響として、アップストリームのパーツ供給メーカーの在庫不足から、Q2に深刻な時期を迎える可能性があると塩的されています。



M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA