Apple、iPhone 14シリーズの初期発注を9500万台に拡大

MG氏によると、AppleはiPhone 14シリーズ、Apple Watch Series 8を発表する9月のメディアイベントに向けて、レコーディング、撮影、ビルドアップを開始しているそうですが、台湾からはiPhone 14シリーズの初期受注が95Mに拡大という話が出てきています。


台湾の経済日報によると、Appleはサプライヤーに対して、iPhone 14の初期生産台数を9000万台から5%以上増の9500万台に引き上げるように指示。

これに対応するために組み立て工程を請け負っているFoxconnは、iPhoneの労働者の採用ボーナスを大幅に増やしたとのこと。

これは、Appleが今年のラインアップの需要を楽観視していること、部品の供給が改善されたことの両方の要因によるもの。

今年のiPhone 14シリーズについては見送る予定の人(僕もそうです)が、それなりにいそうですが、Appleはかなり需要を見込んでいる様子。

iPhone 13 miniがラインナップから無くなり、ベースモデルの画面を大きくしたiPhone 14 Maxが売れるだろう、また、iPhone 14 Proモデルの常時表示機能、48MPセンサーを含むカメラの大幅なアップグレードに人気が出ると考えている人もいます。

まあ、売れるのかなー、売れるんだろうな。

そして、見たら欲しくなるのかな。欲しくなるんだろうなー、、。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA