Apple Watch 7は1.9インチで画素数が約16%増加し、コンプリケーションをより多く表示可能。新しいフェイスも開発中とのレポート

Bloombergが、Apple Watch 7の情報について伝えています。

rendering img via phonearena.com

他でも出ているように現在の40mmと44mmよりも大きい41mmと45mmの2ラインナップ。

ベゼルは細くなり、画面の大きさは1.78インチから1.9インチに拡大、解像度は現在の368×448から396×484となります。

これにより、画素数が約16%増加することになり、コンプリケーションをより多く表示できるようになります。

大きくなった新しいディスプレイサイズを活用するために、Appleは新しいウォッチフェイスを開発しており、少なくともその一部は新モデルに同梱される可能性があります。

新しいウォッチフェイス「Modular Max」では曜日や外気温、アプリケーションへのクイックアクセスなどの情報を表示する小さなコンプリケーションと一緒に時刻をデジタル表示し、その下に画面の長さを超える大きなコンプリケーションを重ねて表示するというデザイン。

「Continuum」というウォッチフェイスは、時間の経過や現在の時間に応じて変化するデザイン。

「アトラス」「ワールドタイマー」と呼ばれるフェイスでは、24のタイムゾーンを同時に表示。外側の文字盤にはタイムゾーンが表示され、内側の文字盤には各地域の時間が表示されます。デジタル表示とアナログ表示のどちらかを選択することも可能。

「Hermes」「Nike」ブランドの新しいフェイスを開発されていて、エルメスのフェイスは、時間ごとに数字が変化し、ナイキのフェイスは、人の動きに合わせて数字が動くのが特徴。

なお、Appleは2022年モデルではより広範な変更と新しい健康機能を計画されていて、ローエンドモデルの「Apple Watch SE」、エクストリームスポーツをするユーザー向けの頑丈なモデル、そしてフラッグシップモデルのアップデートモデルをリリース予定です。

早ければ来年のモデルに体温センサーを追加する予定もあり、将来的には、非侵襲的な血糖値測定器や血圧測定器の追加も計画しているとの関係者情報もあるとしています。

ただ、逆にいうと血糖値測定機能や血圧測定機能については、今年のApple Watch 7には搭載されないことが確実のように思います。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA