3キャリアのSIMに対応した「BlackBerry KEY2」国内販売モデルの先行予約販売が開始

株式会社FOXが,TCLコミュニケーションの正規代理店として、日本国内モデル「BlackBerry KEY2 Silver 64GB」「BlackBerry KEY2 Black 128GB」の先行予約販売を開始しています。9/7発売予定、79,790円、89,791円です。

「BlackBerry KEY2」日本国内モデルは、世界で唯一のバンド18対応モデルとなっており、3大キャリア(au、docomo、SoftBank)SIMの利用が可能な、Android OS Oreo 8.1ベースのスマートフォンです。

オムロンソフトウェア株式会社が開発している、日本語入力環境「iWnn」が実装されており、季節・時間帯・時制(過去/未来)等の状況に合わせた予測変換や冒頭の文字のみ入力し、残りの読み仮名から予測変換の候補を絞り込むことができる機能を使用して日本語を入力することができます。

BlackBerryの特徴の一つであるセキュリティ機能も実装されており、マイクやカメラ、位置情報、個人情報などにアクセスしているアプリを個別に監視およびコントロールする「DTEK(TM)by BlackBerry」や、指紋センサーと連携して写真を保護する「Locker」アプリなども利用することができます。

au直営店、ビックカメラの主要店舗、caseplay HINKA RINKA 銀座店では、デモ機の体験が可能です。

関連記事>
[修正追加あり]TCLコミュニケーションの「BlackBerry KEY2日本国内モデル」今夏発売



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。