血圧計、血糖値モニタリング機能のApple Watchへの搭載は早くても2024年以降

今年のwatchOS 9では、心房細動検出機能の強化、妊活機能や新しい低電力モード、新しいウォッチフェイスが追加されそうです。


Apple Watch 7では、心拍数、心電図を記録、血中酸素濃度などのバイタルサインの簡易測定機能がありますが、現在、Appleでは血圧計を測定する機能のセンサーとソフトウェアの開発に取り組んでいるチームもいるとのこと。

ただ、Bloombergによると、”いくつかの難題に直面し、この技術(血圧計機能)が完成するのは早くても2024年になる見込み”という匿名の関係者情報として伝えています。

この血圧計機能は、少なくとも4年前から計画されているものの、市場に出るのはおそらく2年後で、2025年までずれ込む可能性がある、ともしています。

開発中のウェルネス機能については、非侵襲的な血糖値モニターを追加するチームもありますが、こちらは発売の目標年も未定。

これらの機能よりも早く実装されそうなのは、女性の健康、睡眠、フィットネス、服薬管理などの新機能。

体温センサーについては、早ければ今年にも追加され、妊活をサポートするために設計されるものの、血圧と同様、実際の測定値が表示されることはなさそうで、体温が通常より高いかどうかを判断するという使い方になりそうです。


今年6月には、一定期間にわたって心房細動の状態にある人の頻度を計算するという心房細動検出機能を拡張する機能を発表し、秋に発売されるであろう、次のApple Watch 8とともに出荷されるはずのwatchOS 9に搭載の可能性があります。

また、watchOS 9では、スマートウォッチがバッテリーをそれほど消費せずに一部のアプリや機能を実行できるようにするための新しい低電力モードも計画している他、ウォッチフェイスの多くも刷新する予定とされています。

今年のApple Watch 8については、昨年末に「新しいApple Watch SE、そして以前から噂されている頑丈なスポーツバージョンを含む、3つの新しいApple Watchモデル」という話が出ています。

個人的には、耐久性が格段に上がるというスポーツ向けモデルに大きく期待しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA