Kuo氏:2022年のApple Watch 8は3モデル、AirPods Proは新チップ、iPhone SEはマイナーアップグレード

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏が投資家向けレポートで、来年のApple Watch、AirPods Pro、iPhone SEについての予想を伝えています。

今年のApple Watch 7

来年2022年には、Appleの第1世代のARヘッドセットが登場する予定。

Apple Watch Series 8のラインナップは、新しいApple Watch SE、そして以前から噂されている頑丈なスポーツバージョンを含む、3つの新しいApple Watchモデルがデビューすると予想。

Kuo氏の予想は正解確率が高い方ですが、今年のSeries 7発売前の「スクエアなデザインになる」という予想は実現せず、むしろ、ラウンドデザインの方向が強まっていて、Series 8でスクエアデザインになるかどうかはわかりません。

機能的には、Apple Watch Series 8では、体温センサーが追加され、さらなる健康とフィットネスのトラッキングが可能になると予想されています。

AirPods Proは、2022年後半に発売予定で、「大幅にアップグレードされた」チップを搭載するなど大幅なアップグレード版になると予想。

Bloombergは以前、新型AirPods Proには初めてオンボードのヘルスセンサーが搭載され、ステムを排除した抜本的なシャーシの再設計が行われるかもしれないと伝えていました。

2022年のiPhone SEについては、同じ3GBのRAMと同じインダストリーデザインを維持したままのマイナーアップデート。そして、2023年のiPhone SEは、より大きなディスプレイと、Appleの最下位機種では初めてとなる4GB RAMを搭載したメジャーアップグレードとなると予想しています。

今までの通例では、iPhone SEは3〜4月に発売されています。




2 Responses

  1. だい より:

    Apple Watch Series 8では、体温センサーが追加。スクエアなデザイン。それと血糖値がのってほしいです。

  2. M.Hirose より:

    スクエアデザイン、僕も期待してます。血糖値測定は開発しているという話が出ているので、間に合えば搭載されるかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA