DSCC Ross Young氏:iPhone 14 Proラインには「小さなホール+ピル形状のデザインが採用される」

そして、今年のiPhone 14にもインディスプレイのTouch IDは無いようです、、、。残念。

Display Supply Chain Consultants (DSCC)のCEO、Ross Young氏がiPhone 14にはノッチの代わりに”二つのパンチホール”があると考えているとツイート。


Ross Young氏は、iPhone 14 ProとPro Maxモデルでは、小さなホール+ピル形状のデザインが採用されると考えているようです。

小さなホールは見えなくなることはなく、Huaweiのようなピルモデルに似ていないデザインで、ノッチのようにAppleに固有のものになるとしています。


また、ディスプレイ内蔵タイプのTouch IDについては、今年のモデルには搭載されていないように見えるとも答えていました。

ディスプレイ内蔵タイプを期待していた方は、もう一年待たないといけないかもしれません。

とはいえ、iPhone 15でも搭載が確定しているわけでもありませんので、あまり噂に振り回される必要もないかと思います。

今まで出てきているiPhone 14関連の噂、リークはこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA