DSCC、Apple Watch UltraへのmicroLED採用は早くても2025年以降。現在のコストは約5倍、、、

ただし、進化しているLTPO OLEDよりも優位性が保てるかは不透明です。

次のApple Watch UltraにはmicroLEDディスプレイが採用されるという予想が出ていましたが、DSCCが今現在の情報の整合性と予想をレポートしています。


Apple Plans MicroLED Watch – Display Supply Chain Consultants

DSCCの見立てでは、microLEDディスプレイの生産は2024年に開始されるものの、Appleが新製品を発売するのは2025年になるとしています。

昨年発売されたApple Watch Ultraは1.99インチLTPO OLEDディスプレイですが、一部の報道ではmicroLEDバージョンはさらに大きく、2.1インチのディスプレイを搭載するだろうというもの。

ただ、microLEDについては、LTPO OLEDパネルの5倍以上の価格となるため、現在の799ドル(124,800円)という価格ではなく、さらに高価格帯で販売することが必要で、AppleがiPhoneにmicroLEDをすぐに採用する可能性が低いことを示しているそうです。

また、microLEDは省電力、輝度がメリットとされているものの、実際に採用したときにLTPO OLEDからどの程度の性能向上するかは未知数で、逆にOLEDについてはタンデムスタックや燐光性青色発光体、偏光板フリーという技術により、効率差を縮めることに成功しているため、microLEDの優位性が維持できるかどうかは不透明です。

DSCCは、11月の四半期報告書「ディスプレイ設備投資と装置市場シェア」で、LG DisplayがApple Watch向けにMicroLEDバックプレーンの小型ラインを建設中であることを発表していて、これ自体はApple Watch Ultraへの採用という情報と整合性があるものの、このラインの生産開始は24年下期であり、2025年の製品発売と予想されるとしています。

次のApple Watch UltraへのmicroLED搭載の予想はBloombergのMark Gurman氏のPoweronで、今までも正解が多い予想ライターの方ですが、たまにオピニオンや希望的観測も入ったりするということも含め、今回のDSCCの見立ての方が正解により近いように思えます。

が、信じるか信じないかは読む方のご判断にお任せしたいと思いますー。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA