Gurman氏:iPhone 13に(引き続き)常時点灯型ディスプレイ搭載の可能性

BloombergのMark Gurmanが最新のニュースレターで、iPhone 13について以下のように述べています。


次期iPhoneの発売まで、あと約2ヵ月となり経済の再開に合わせて大きな話題を提供することが期待されています。アップルはサプライヤーに対し、今年の秋に向けて最大9,000万台の新型iPhoneを製造することを課しています。
これはAppleが2020年のiPhone 12で計画していた7,500万台から20%増となるものの、機能的にはほとんどはマイナーチェンジとなります。
A15チップの高速化、ノッチの小型化、バッテリー駆動時間の向上のための新しいディスプレイ、Apple Watchのような常時表示モードの可能性、120Hzのリフレッシュレート、ビデオ撮影のアップグレードなどが期待されています。

これらの情報は、今までにすでに各所で出てきているもので、目新しい話はありませんが、Gurman氏の予想は割と手堅い印象があるため、中でも常時表示モードの採用の可能性は少し上がったように思います。

常時点灯型ディスプレイの話は、今年2月にEAPが今年4月にはディスプレイアナリストもLTPOディスプレイ実装を予想していて、これにより常時点灯機能の搭載が現実味を帯びてきています。

また、これらの機能に加えて、レンズについては「ハイエンドモデルにオートフォーカス機能を備えたアップグレードされたウルトラワイドカメラが搭載される」という予想、サプライヤー周辺情報からは「iPhone 13はWi-Fi 6E搭載」という話、「iPhone 13はワイヤレス充電コイルと出力が大きくなる」という予想も出ています。

今年秋に発売される予定のiPhone 13関連情報はこちらからまとめてみることができます。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA