IDC:2015年国内タブレット市場は微増ながら,デタッチャブル・タブレットが前年比80%増。

IDCが,「2015年第4四半期および2015年国内タブレット市場実績値を発表」をリリースしています。

2015年第4四半期および2015年国内タブレット市場実績値を発表


2015年におけるタブレットの出荷数は,通年で前年比1.5%増の831万台で,
出荷台数のトップはAppleで40.9%(4.5%減)。以下,ファーウェイ,エイスース,NEC Lenovoグループ,富士通となっています。

2015年のタブレット市場は,スマートフォンとの競合により,家庭市場では需要喚起しにくい状況ながら2.1%増の589万台。

また,ビジネス市場でも前年比0.2%増の241万台で,いずれも微増となっています。
2015年第四四半期においては,2014年同時期にはあった教育市場向け大型案件が無かった事により,その反動で42.3%減となっています。

なお,近年増えてきたデタッチャブル・タブレットは前年比80%増となっており,PCの替わりに高性能タブレットとキーボードの組み合わせを導入する背景があるして,今後もPC替わりやアドオンとして出荷増加を予測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA