iPhone 11 ProとCanon EOS-1DXの写真比較:11 Proでも被写体によっては見分けることが難しいくらいのクオリティで撮影可能

iPhone 11 ProとCanon EOS-1DXの写真を比べた動画が興味深い内容でした。

様々な被写体を両方のカメラで撮影した写真がありますが、全体的にiPhone 11 Proで撮影した写真は発色が強めに出ていて、ディテールと奥行きがより感じられます。

DSLRはレンズやメーカーによって色味が変わるので、その組み合わせや使う側の撮影スキルによっては、これほどの差は出ないかもしれません。

コストだけを考えると、7500ドルのCanon EOS-1DX(日本では約41万円〜)と、約11万円からのiPhone 11Proとは大きな差がありますが、被写体や撮影する内容によっては値段ほどの差は(表示上は)見られず、超広角/広角/望遠のiPhone 11Proで十分というケースが増えそうです。

なお、ファイルサイズの大きい高解像写真を撮影する用途としてiPhone 11Proを使うには、保存容量に余裕のある512GBや256GBモデルにしておくのと同時に、超広角モードではRAWファイルで扱えないなどの制限があることは考えておく必要があると思います。

DSLRは今では有効画素数が2000万画素オーバーになり、多様なオートフォーカスや露出制御、編集機能も備えており、ファイルもCFカードなどの外部メディアに保存するためバックアップや転送が行いやすく、交換可能なバッテリーパックで連続撮影時間を確保できるといったメリットがあるので、DSLRを仕事で使っている人がiPhone 11Proに乗り換えるというのはなさそうですが、今までのiPhoneの写真で物足りなさを感じてDSLRを使っていた人がiPhone 11Proだけで十分と感じる場面は確実に多くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。