iPhone 14のリアレンズパーツにコーティングクラック問題が発生したようですが、影響は限定的とのこと

iPhone 14シリーズのレンズにコーティングクラックの品質問題が発生したようです。


もう一つの品質問題。私の最新の調査によると、GeniusのiPhone 14リアレンズの1つは、コーティングクラック(膜裂)の品質問題が発生した可能性が高い。AppleはiPhone 14の出荷に影響を与えないように、約1000万個のレンズの注文をGeniusからLarganに移管していた。

ただ、Larganは供給ギャップをうまく埋めることができるとみられるので、iPhone 14の出荷への影響は限定的と予想。


問題が見つかったということは、逆にいうと、製造プロセスでのチェックが効果的に行われているということでもあるので、iPhoneの品質は引き続き信頼性が保たれているともいえそう。

ただ、こうやって名指しで問題を指摘されるとサプライヤーは大変かも、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA