iPhone 14:最新プロセッサはProラインのみ。という戦略は今後も続きそうです。

今年のiPhone 14シリーズのプロセッサはProのみが新しいチップになりそうという話が出ていましたが、これは今回だけの一時的な戦略でなく、今後のモデルラインナップでも同様の形になりそうです。


Kuo氏はMedium投稿で、ハイエンドカメラサプライチェーンの構造変化をレポート。

この中で、

最新のプロセッサーチップは今後 iPhone ハイエンドモデル専用となるため、iPhone ハイエンドモデルの出荷比率が高く、ハイエンドのカメラ部品メーカーに有利となる。

と伝えています。

iPhone 14 Pro/ハイエンドモデル2機種に独占的に搭載される最新のA16プロセッサにより、下期の新型iPhoneハイエンドモデルの出荷比率は55〜60%(従来は40〜50%)に上昇すると予想。

ハイエンドモデル自体が出荷数を伸ばすことで、リアカメラの主要ハイエンド部品サプライヤーである、ソニー(CIS)、Largan(レンズ)、アルプス(VCM/OIS)、LG Innotek(CCM)などのサプライヤーが収益を伸ばす見込み。

iPhone 14のスタンダードラインにiPhone 13と同じA15チップが採用されそうですが、一部のアナリストは、新機種に4GBではなく6GBのRAMを搭載したより強力なバージョンのA15チップを採用すると考えているものの、アーキテクチャ自体はA15チップのものと同じになるようです。

今年のiPhone 14に機種変更するなら、iPhone 14 Proが正解になりそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA