iPhone 2019モデルの出荷数は前機種22%減の7000万ユニットとの予想

DIGITIMESが、来月発表されるiPhoneの出荷数は少ないという予想を伝えています。

これはDigitimes Researchによる話で、2019年のiPhoneの出荷数は7000万ユニットとされ、2018年のXR, XS and XS Max発売時に準備された9000万ユニットよりも下回っています。

しかし、Apple用のA13プロセッサーを7nmノードで製造しているTSMCのセールスは、2019年後半から2020年に手堅い数字で推移しており、また、5GやAIoT関連アプリケーションにより、前年度比10%増の収益を見込んでいるようです。



mh

M.Hirose http://palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA