Kuo氏:折りたたみスマートフォンは全メーカーの必須ラインナップになると予測。iPhoneは2023年モデルから。

MacRumorsが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏の最新レポートで、2023年のiPhoneは折りたたみタイプが発売される可能性が高いと書いていることを伝えています。

concept image by iPhone 12 Flip

TF International Securities社の最新の業界調査によると、Appleは2023年に8インチQHD+フレキシブルOLEDディスプレイを搭載した、折りたたみタイプのiPhoneを発売する可能性が高く、ディスプレイの独占サプライヤーはSDC、DDIの独占ファウンドリープロバイダーはSamsung Foundryになると予測。

Appleがリクエストしている製造規模から考えるに、折りたたみタイプのiPhoneの出荷台数は2023年に1,500万〜2,000万台に達する見込み。

Kuo氏は折りたたみタイプのスマートフォンは、すべての主要スマートフォンメーカーにとっての必需品となり、ハイエンドモデルの次のスーパーリプレイスメントサイクルを後押しすると予測。

なお、Kuo氏は同じメモの中で、折りたたみ式iPhoneの開発は「まだ正式には開始されていない」としながらも、Appleの計画は進展している可能性があると考えているそうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA